肌が弱い人も安心!肌に負担を与えない無駄毛処理方法

自己処理で肌が荒れてしまう

肌が弱い人は、無駄毛の自己処理で肌が荒れてしまったり、色素沈着したりと、肌トラブルに悩まされることが多いでしょう。だからといって、光脱毛や医療レーザー脱毛も肌に刺激が強そうだと敬遠しているのではないでしょうか。どんな脱毛も肌荒れしそうで出来ないという人におすすめなのが、ハイパースキン脱毛です。

小さな子供にも安心の脱毛法

ハイパースキン脱毛は光脱毛の一種ですが、従来の光脱毛とはメカニズムが異なります。従来の光脱毛は熱によって成長期の毛乳頭にダメージを与え、無駄毛の再生を阻むというものです。しかし、ハイパースキン脱毛は高熱ではなく36度前後という低い温度で毛の種を破壊するという方法であるため、肌にダメージを与えないのです。3歳から利用できる脱毛法で、アトピー性皮膚炎や敏感肌の人も安心して利用できます。また、ハイパースキン脱毛のメリットとして、ほくろや色素沈着のある部分も受けられることがあり、色黒の人や年中日焼けをしている人にも向いている脱毛方法と言えます。

脱毛にかかる期間は普通の光脱毛と同じ

ハイパースキン脱毛は毛周期に関係なく3週間に1度のペースで施術を受けることが可能です。そのため、毛周期に合わせて行う一般的な光脱毛よりも早く脱毛が完了できそうに感じますが、2年から2年半かかるのが一般的です。肌にダメージがない分脱毛効果も少なく、回数を多く受けないと満足できる状態まで脱毛できません。効果を感じるまでに、12回以上の施術を受ける必要があるでしょう。

大阪の脱毛では、数多く存在するサロンの中から施術内容や料金などを考慮して選べます。そのため、自分にとって納得のいく施術を受けられるというメリットがあります。