注射だけでやせられる?脂肪溶解注射の仕組みについて

運動も食事制限も要らないダイエット?

ダイエットにはいろいろなやり方がありますが、一般的には食べたいものを我慢したり、毎日身体を動かしたりと、とかくハードな印象があります。

その一方で、最近ではもっと手軽に脂肪を減らせる方法も生み出されています。中でも「注射1本でやせられる」として人気を集めているのが、脂肪溶解注射です。

脂肪溶解注射とは、脂肪を溶かす成分を配合した薬剤を皮下に注入し、乳化させてしまうという技術です。美容医療の1つとして、クリニックや病院などで取り扱っています。

余分な脂肪を自然に身体の外へ

「身体の一部分が溶けてしまう」と聞くと不安を感じる人がいるかも知れませんが、心配は無用です。脂肪溶解注射に使われる薬剤は高脂血症などの治療に使われるのと同じ成分を原料としており、他の組織を傷つけることなく余分な脂肪のみを取り去ります。

注射によって溶かされた脂肪は血液に流れ込み、体内をめぐった後に老廃物となって自然に体外に排出されます。そのため、脂肪溶解注射に即効性はありませんが、その分やせ方が自然に見えるという利点があります。

リバウンド防止効果も

脂肪溶解注射によって溶かせる脂肪の範囲は、1本につき手のひら程度の大きさです。したがって、二の腕、あご下、太ももの内側など、ピンポイントで部分やせを実現したい場合に利用するのがおすすめです。施術時間は10分前後で、術後はまれに腫れやむくみが出ることがありますが、ダウンタイムはほとんどありません。

今ある脂肪を減らすほかに、脂肪溶解注射には脂肪が再び溜まるのを予防する効果も期待できます。というのも、脂肪溶解注射は脂肪だけでなく皮下脂肪を蓄える役目を果たしている脂肪細胞も一緒に排出できるからです。

身体中に付いてしまった脂肪は何とかしたいものです。脂肪吸引で吸い取ってしまう方法もありますがちょっと怖いですよね。そこで、脂肪溶解注射で脂肪を溶かしてしまうという方法もあります。